北海道盲導犬協会を応援しています

北海道盲導犬協会(←検索)を応援しています

  公益財団法「北海道盲導犬協会」は、昭和45年11月の設立以来、盲導犬の育成と視覚障がい者への盲導犬貸与を事業の柱として活動をしています。

 また、昭和53年には引退した盲導犬たちを感謝の気持ちをこめて迎える老犬ホームを世界で初めて整備しました。

 盲導犬協会は、みんなの善意の寄付・募金に支えられています。

わが街:札幌

あさぶ商店街(→亜麻の花咲く手づくりの街)

 「みなかたパートナーズ」は、麻生商店街の「あさぶ応援団」の一員です。あさぶ応援団.jpg

  シルバー便利帳(困りごと・悩みごと手伝い読本)を活用下さい。

     連絡先:あさぶ商店街  札幌市北区麻生町6丁目14-6 高橋ビル

                  пF011-709-9923  Fax:011-758-7345

 

 

札幌の定番:→さっぽろ時計台(旧札幌農学校演武場)

時計台は、札幌農学校の演武場として明治11(1878)年10月に建築されました。

時計塔の大時計はボストン市ハワード社製です。

「演武場」と書かれた木額は、明治維新の元勲岩倉具視の筆だそうです。

 

時計台1   時計台4 時計台2

わか故郷 紀州藩紀州徳川家の居城「和歌山城」

紀州藩紀州徳川家の居城→「和歌山城」

天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。

慶長5年(1600)には,関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城。

元和5年(1619)には徳川家康の第10子頼宣が入城し,紀州55万5千石の居城となりました。

                     

和歌山城@.JPG和歌山城A.JPG和歌山城入口.JPG

母の俳句集

句集「みかんまごころ育ち」

紀州みかんづくりのかたわら、書きためた俳句です。

 ・平成に 昭和のみかん 取り終へてみかんまごころ育ち.jpg

        選者:昭和から平成へ。だが何事もなかったように続いていく。

        そうした思いが十分に表された。

 ・赤とんぼ 稲穂撫でつつ 宙返り

    選者:すいすいと飛ぶさまを、稲穂撫でつつと述べて

         赤とんぼを描写、豊作を思わせる          

 ・わが家は 竹の春にて 包まるる

    選者:このような極楽もあるものかと感心しました。

         言葉はやわらかいが、力強い断定。

 ・蜂蜜の 通うを見れば 枇杷の花  

     選者:昔の農家の若者の恋のような感じがする句だ。

          表面にはでない、はなやいだ詩情がある。

                                     他31句