母の俳句集

句集「みかんまごころ育ち」

紀州みかんづくりのかたわら、書きためた俳句です。

 ・平成に 昭和のみかん 取り終へてみかんまごころ育ち.jpg

        選者:昭和から平成へ。だが何事もなかったように続いていく。

        そうした思いが十分に表された。

 ・赤とんぼ 稲穂撫でつつ 宙返り

    選者:すいすいと飛ぶさまを、稲穂撫でつつと述べて

         赤とんぼを描写、豊作を思わせる          

 ・わが家は 竹の春にて 包まるる

    選者:このような極楽もあるものかと感心しました。

         言葉はやわらかいが、力強い断定。

 ・蜂蜜の 通うを見れば 枇杷の花  

     選者:昔の農家の若者の恋のような感じがする句だ。

          表面にはでない、はなやいだ詩情がある。

                                     他31句

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14664148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)