遺言執行者指定の第三者への委託

自筆証書遺言者の委託にもとづく受託者から遺言執行者とし指名を受けました。

遺言者は、亡き後、配偶者が困らないよう詳しい自筆証書遺言を書かれていました。遺言書の中で生前から信頼のおける友人を遺言執行者に指定するとともに、友人の受託者が遺言執行者を指定できるよう行き届いた内容になっていました。

今回、その友人の方の指定により遺言執行者に就職しました。相続執行手続きが全て終了し、高齢の奥様に安堵して頂きました。遺言者の最後の意思の実現にお役に立てて嬉しく思っています。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15718756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)