遺言がない相続手続の大変さを痛感!

90歳で亡くなった方の相続手続のお手伝いをしました。

子供さんがいらっしゃらないため、妻と兄弟姉妹(実際は甥姪)との相続手続でした。

念のため自筆証書遺言探し、遺言公正証書検索もしましたが、やはり遺言書はありませんでした。

相続人探し(確定)のために、文久3年生まれの方まで戸籍をさかのぼり、のべ10市町村、29通の戸籍等と取得して、相続人が確定しました。

相続人のうち2名の方とは、奥様はまったく面識がなく、今回相続手続のための戸籍を取ってみて、初めて相続人であることに驚く結果なりました。

疎遠な親族、お付き合いのない相続人との薄氷を踏む思いでの相続手続きでした。

無事、相続手続きは終了しましたが、今度は依頼者の奥様自身が公正証書遺言を書いておくことを痛感されました。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14970036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)