論文(北大法政ジャーナル掲載)

北大法政ジャーナル19号.jpg『 成年後見の社会化

 −「繋がる社会」に民法・成年後見法制が果たす役割ー 』 

    検索⇒北大法政ジャーナル NO.19  2012

        →(北海道大学大学院法学研究科)

   「はじめに」より

   成年後見制度の概要を説明した上で(第1章)、成年後見制度利用の

      現状および筆者が第三者後見人や任意後見契約の受任者として

      関わっている実例と裁判例を、法定後見制度(第2章)と任意後見制度

   (第3章)に分けて検討する。

   その上で、これからの社会に大きな役割を担っている後見人候補者の

   法的地位と民法の特別法としての任意後見法制について若干の提案を

   試みる(第4章)。

◆参照紹介して戴きました。

   検索⇒石田穣著 民法大系(1)民法総則」(信山社,2014)195頁

  

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14728302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)