任意後見制度が優先するということは?

成年後見制度には、2つの制度が併存しています。

    ■任意後見制度が優先!

      判断能力が不十分になる前に、本人が将来の任意後見人を選んでおく制度です。

      「自己決定権の尊重」の理念から優先されます。

    ■法定後見制度は補充的に利用

      判断能力が不十分になってしまったら、裁判所に後見人を選んでもらう。

       任意後見契約を結んでいなくて、判断能力が不十分になってしまったら利用する

              制度です。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14627748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)