遺言書あると無いでは大違い

遺言書ない場合 
相続人の確定のため故人(被相続人)の出生時からの戸籍を取り寄せ(これが結構大変)相続人を確定し相続人全員にて遺産分割協議を行い全員一致で遺産の分け方を決めなければなりません。

 

 遺言書ある場合

故人(被相続人)の出生時からの戸籍を取り寄せる必要がなく、遺族の負担は最小限ですみます。
  ・例えば、預貯金の名義変更は遺言書持参で手続きできます。