遺言執行をさせて戴きました。

5年前に遺言公正証書を作成された方がいました。その時、ご本により依頼があり遺言執行者を引き受けました。

今年に入ってから体調をくずし入院治療をされていました。札幌雪祭りの頃、お見舞いに伺いました。ご本人とふるさと東北の話をし、お気に入りの民謡を一緒に聴きながら1時間ほど過ごしました。

2月下旬、ご家族に見守られながら亡くなられました。

4月下旬の四十九日法要にお参りさせて戴きました。奥様と関西の大学で教鞭をとられているお嬢さん、そして友人ご夫婦からご本人の懐かしい話をお聞きしました。

四十九日も過ぎましたので、遺言執行者として自宅の名義変更、預貯金類の相続手続等を行いました。

ご高齢の奥様は、これからお一人暮しになります。関西在住の娘さんの意向もあり、私どもで奥様の見守りをさせて戴くことになりました。

遺言執行者の業務は終了しましたが、ご家族とは、引き続きお付き合いさせて戴きます。

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15062052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)