(号外)小野田寛郎さんが亡くなられた。

小野田寛郎さんが亡くなられた。日本に帰国されたのが、1974年3月でした。

当時、私は高校3年生で、小野田さんの実家が叔父(父の弟)の家の真向かいであったのでよく覚えています。

また、通っていた高校の校長先生(小野田先生)が、小野田さんの伯父であることも当時初めて知りました。

小野田さんは、海南旧制中学を卒業後、貿易会社を経て陸軍中野学校へ。1歳年下の私の父は、19歳で現役志願して陸軍入隊し、終戦は満州でむかえました。父は終戦2年ほどで帰国できましたが、小野田さんは30年もかかりました。

ずっと気になっていた、私にとって遠い遠い先輩が亡くなられました。

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15013219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)