定款とは

会社設立定款とは、会社の目的や商号、本店の所在地、組織や

その運営など、会社の基本事項を定めたものです。

定款に定めた事項は、法的効力を持ちます。

会社の憲法といえます。

定款の記載は3つに分かれています。

1.絶対的記載事項(記載しないと定款が無効になってしまう)
  ・会社の商号
  ・会社の目的
  ・本店所在地
  ・設立時の出資額
  ・発起人の氏名・住所・引受株数
  ・発行可能株式総数

2.相対的記載事項(記載しなくても定款自体の効力は無効にならないが、記載し ないとその事柄の効力が認められないもの)
  ・株式の譲渡制限
  ・広告の方法
  ・株式の発行
  ・株主総会、取締役以外の機関設置
  ・現物出資
  ・財産引受
   など

3.任意的記載事項(定款で定めなくても効力が認められるもの)
  ・株券の不発行
  ・取締役・監査役の人数
  ・事業年度
  ・定時株主総会の招集時期
   など