会社設立の手順

会社設立の手順

1.発起人(会社を設立する際の企画者として定款に署名した人)が会社の設立を決意する

2.基本事項を決定する(商号・目的・所在地・出資額)

3・代表者印を作る

4.定款作成と認証(定款3部作成⇒発起人署名⇒公証人役場⇒公証人の認証)

5.発行する株式に関する事項を決める(会社法では、資本金が1円でも設立できるようになりましたが、資本金は信用力の目安になるので、よく考えて)

6.金融機関に出資金を払い込む(株式払込金保管証明書
を発行してもらう。預金通帳の写し可)

7.取締役を決める(取締役会を設置しない会社は1名でもよい)

8.取締役による調査(出資金が実際に全額払い込まれて会社に確保されているか・・・)

9.設立登記を申請する (委任する場合は、司法書士に委任します)

10. 登記完了(会社の誕生)
    
    ↓
   登記事項証明書などの交付を受ける

    ↓
   諸官庁への届けをする

    ↓
   開業の準備をする

    ↓
   開 業